社内不倫がバレる注意すべききっかけ!

社内不倫がバレる注意すべききっかけ!

会社内というのは、毎日顔を合わせるメンバーがほぼ固定されているので、恋愛が発生しやすい場所といえます。
日々の仕事や言動をきっかけに、恋が発生しやすく、同じ業務やプロジェクトをきっかけに恋が発展しやすいのです。

 

むしろ社内のほうが出会いのきっかけとなったり、相手の人となりを感じることができるので、結婚につながるパターンも多いです。
しかし、問題は相手に妻子がいた場合です。

 

社内不倫をしている人の割合は定かではありませんが、バレてしまったら離婚や離職につながる一大事です。
どのようなことをきっかけにバレてしまうのでしょうか。

 

親しげな言動をしてしまう。

社内恋愛もそうですが、恋愛をしている二人というのは、ちょっとした会話や仕草でバレてしまうものです。
話している距離や頻度、目線や微笑み方など、細かな動作がほかの人と違うものです。

 

特に気をつけたいのは、女性の視線です。
女性というのはとても細かな事に気付くものなので、社内ではあまり交流を持たない、最低限の話しかしない程度の
距離感をもって接しましょう。

 

 

こっそり話しているのを目撃される。

社内不倫がバレないように、仕事中はよそよそしく話しているのに、トイレや会議室など二人きりになったら親密に話しているなど、こっそり二人でいるのを目撃されるパターンです。

 

また、有給休暇のタイミングが同じだったり、帰りに同じ方向だからと毎日一緒に帰っていたりして社内不倫がバレてしまうパターンもあります。

 

 

自分からバラしてしまう。

これは女性側に多いのですが、ついつい口が滑って、「ここだけの話なんだけどね〜」と言いながらバラしてしまうパターンです。
ここから芋づる式に社内不倫が周囲に知れ渡ってしまうのです。

 

特に、男性上司と付き合っている女性は、その不倫を政治的に利用する場合もあります。
不倫をしていることによって、社内で優位な立場になろうとするのです。

 

 

おわりに

ちなみに、社内恋愛や社内不倫は、実はほとんどの人がバレていると言われています。周囲が見て見ぬふりをしているために、大きな問題となっていないパターンは多いのです。

 

しかし社内不倫中の二人のどちらかあるいは両方が同僚から嫌われたり嫉妬されたりすると、奥さんや会社に報告されるなどのトラブルになってしまうのです。

 

社内不倫は、会社の人間にとても気を遣い、気を遣わせる行為だといえます。
仕事も人間関係もしっかりこなさなければなりません。

不倫体験談