理解して置くべき社内不倫の問題点

理解して置くべき社内不倫の問題点

既婚男性と独身女性の恋愛関係がもっとも発生しやすいのはやはり職場です。
たいていの男性は家にいる時間よりも会社で過ごしている時間のほうが長いですし、年下の女性に頼られて悪く思う人なんてまずいませんから、当然といえば当然ですね。
けれども社内不倫はその結末がどうであれ、非常に多くの問題を引き起こす可能性があります。
社内不倫をしている人も、これからしようとしている人も、理解しておいたほうがいい社内不倫の問題点をまとめてみました

 

バレやすい

奥さんに疑われる、社内の人に現場をみつかる、社内の2人の雰囲気から噂になる、など、社内恋愛はあらゆる方向からバレる危険性を伴っています。
会社や部署の規模にもよりますが、お互いの共通の知人が多いということは、それだけ「あれ?」と思われることも多くなり、話が広まるのも早いです。
また、バレた時に起こる問題も、社内不倫の場合には非常に深刻なものになります。それについては次のパラグラフで取り上げます。

 

最悪「退職」も

社内不倫を社内で応援してくれる人は誰もいません。
例え無事に結婚までたどり着いたとしても、「略奪婚」として噂が消えることはないと思っておいたほうがいいでしょう。
不倫がバレた場合、それが理由で解雇されることはないにしても、自分から退職せざるをえない状況に追い込まれるケースは少なくありません。
男性のほうが退職しづらい状況にありますから、退職するとしたら女性の方。
不倫が理由で職場の雰囲気が悪くなってしまえば、男性は左遷や転勤、出世コースから外される、といったことも起きるでしょう。

 

会社が巻き込まれる可能性がある

「お互いのことなので、例え社内でバレたとしても会社自体には関係ない」と思ってはいませんか?
相手の奥さんに社内恋愛がバレた場合、奥さんが会社へ怒りの連絡をすることもあるのです。

 

奥さんがまだ夫婦関係を続けたいと思っている場合には、経済的な問題もありますから会社には極力知られないように行動すると思いますが、離婚を考えている場合、特に子どもがいないなど彼がそのあと経済的に困窮しても自分のデメリットにはならないケースでは、はっきりいって何をしてくるかわかりません。

 

おわりに

このように、社内不倫はひとたび発覚したり、噂になったりしてしまえば、2人の間だけの問題ではなくなってしまう危険をはらんでいます。
社内不倫から幸せなゴールインを目指したいのであれば、とにかく「バレない」ように行動することが必須です。

 

不倫体験談